エステサロンに対するクーリングオフ

バナー

エステサロンに対するクーリングオフ

クーリングオフ制度とは、訪問販売や電話での勧誘によって商品の購入契約を結んだ後に、一定期間内であれば無条件で契約の解除をする事が出来る制度のことです。

そしてエステサロンや語学教室など定められた6種類のサービス業についてもクーリングオフ制度を利用する事が出来ます。

エステに通っていて、熱心な勧誘を受けて断れなかった人や、話を聞いたときはいいと思ったけど、もう一度冷静になって考えなしたらやっぱり止めたいと思った人などは、クーリングオフ制度を利用して契約の解除をしましょう。

とはいえ、誰にでも適用できるわけではなく2つの条件があります。

一つはエステでの契約金額が5万円を超えて、契約期間が1ヶ月を超える場合。



二つ目は契約書面が交わされてから8日以内のものです。8日を過ぎても中途解約は出来ますが、解約金などが発生するので出来るだけ早く手続きをする事が望まれます。


手続きを行うには、サロンに契約解除の通知を内容証明で送ることが必要です。


送る前には年のためコピーをとっておきましょう。

郵便局が受けた日付のスタンプを押した時からクーリングオフの効力が発揮します。
郵便局でもらった受領書とコピーは大事に保管しておきましょう。


自分一人で行うのは不安という人は、住んでいる地域にある生活消費者センターに相談をして下さい。



生活消費者センターでは、これらのトラブルにも対処してくれるので適切な対処法を的確に教えてくれます。





Copyright (C) 2014 エステサロンに対するクーリングオフ All Rights Reserved.